診療案内Medical Treatment

しみとりシミ取り

シミはお肌の中の色素が部分的に増えたものをいいます。
シミはいくつかの種類に分けられ、種類によって治療法が異なります。
代表的なものは肝斑、日光黒子(老人性色素斑)、脂漏性角化症、そばかす(雀卵斑)、後天性メラノサイトーシスなどが挙げられます。


1.肝斑(かんぱん)

30代ころからほほやおでこ、くちびるなどに現れる薄い褐色調のシミです。
左右対称に現れることが多いとされています。紫外線や妊娠、メイクや洗顔をするときの摩擦などが悪化の原因とも言われています。

治療

内服薬:トラネキサム酸・ビタミンC(自費診療)

レーザー治療:従来は禁忌とされていたレーザーですが、トーニングによる治療が可能となりました。

生活上の注意点

肝斑には刺激を与えないことが大切です。
日ごろのスキンケアは優しくそっと行いましょう。また、紫外線で増悪することが知られており、サンスクリーンを積極的に使用します。


2.日光黒子(にっこうこくし)

別名、老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)とも呼びます。
20~30代頃から出現します。形や大きさは様々で、日光によく当たる顔や手の甲などに現れる褐色調のシミです。表面は平坦ですが、長期間が経過するといぼ状に膨らんでくる脂漏性角化症に進展する場合もあります。

治療

レーザー治療(自費診療)

生活上の注意点

紫外線で増加します。サンスクリーンを積極的に使用しましょう。


3.脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)

別名、老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)とも呼びます。20~30代頃から出現し、表面がざらつき少し盛り上がった褐色~黒色のできものです。最初はシミだったものが少しずつ盛り上がり、脂漏性角化症となる場合もあります。脂漏性角化症によく似た悪性腫瘍も存在します。ダーモスコピーでしっかりと患部を確認し、悪性腫瘍の可能性がある場合には組織検査を行います。

治療

手術や液体窒素で治療します。(保険診療)


4.そばかす

雀卵斑(じゃくらんはん)とも呼びます。こどもの頃から両頬にみられる1ミリ~数ミリの褐色の小さなシミです。

治療

レーザー治療・外用治療(自費診療)

生活上の注意点

紫外線で増加します。サンスクリーンを積極的に使用しましょう。


5.後天性メラノサイトーシス

20代頃からこめかみに近いおでこの生え際やほほ、小鼻まわりにみられる数ミリの灰褐色調のシミです。肝斑やそばかすを合併することもあります。

治療

レーザー治療(自費診療)


レーザー施術の流れ

診察

お化粧を落とした状態で診察室にお入りください。診察を行い、シミの状態に適した治療法をご提案いたします。レーザーを行う場合は施術のご予約をおとりします。

レーザー施術

お化粧を落とした状態で施術室にお入りください。シミの状態を記録するためにお写真を撮影し、レーザー施術を行います。範囲や程度にもよりますが約10分程度です。

施術後のご説明

レーザー施術後はスタッフからホームケアの仕方や注意点についてお話しします。


料金(税抜)

自費診察料 初診料 2,800円  
再診料 830円
しみとりレーザー

長径1㎝以内10,000円 
長径1㎝以上 
1㎝あたり:10,000円

トーニング
(肌質改善)

全顔18,000円
鼻 8,500円
両頬 9,500円
両手背 9,500円
両前腕 18,000円

※通常4~5回程度行います。表示されている価格は1回当りです。

肝斑

頬骨部・眼窩周囲9,500円

※通常4~5回程度行います。表示されている価格は1回当りです。

シミ取り内服セット

トラネキサム酸 
1カ月分:1,500円

ビタミンC 
1カ月分:1,000円

疾患一覧

以下の各アイコンを
クリックしてご覧ください

皮膚科・形成外科・美容皮膚科それぞれの、当院で扱っている疾患の一部をご紹介しています。

以下の各アイコンをクリックしてご覧ください

形成外科・皮膚科 Plastic surgery&Dermatology

一覧を開く