診療案内Medical Treatment

だんせいがただつもうしょう男性型脱毛症(AGA)

思春期以降におでこの生え際や頭頂部の髪が細くやわらかくなり薄くなることを男性型脱毛症(AndrogeneticAlopecia:AGA)と呼びます。程度や年齢に差はありますが日本人男性の3人に1人が男性型脱毛症(AGA)という報告があります。

髪の毛は成長期(2~6年)→退行期(約2週間)→休止期(約3か月)を繰り返しています。成長期は新しい毛が生えて徐々に太く、長く成長していく時期です。やがて成長スピードが急速に落ちる退行期を迎え、成長が全く止まる休止期に入ります。休止期の毛はいつ抜けてもおかしくない状態ですが、その下では新たな髪の毛を生やす準備が進んでおり、新たな毛はいずれ成長期を迎えて発毛します。

男性型脱毛症(AGA)では男性ホルモンの影響で成長期が短く、休止期が長くなっています。そのため、頭全体で休止期の毛包の割合が多くなり十分な毛が育ちません。
その原因物質の一つは、テストステロンと呼ばれる代表的な男性ホルモンが5α-還元酵素(5α-reductase)の作用でジヒドロテストステロン(DHT :dihydroteststerone)となったものであるとされています。


治療

フィナステリド

ジヒドロテストステロン (DHT :dihydroteststerone)へ変換するために必要な酵素が5α-還元酵素(5α-reductase)です。5α-還元酵素(5α-reductase)にはⅠ型とⅡ型があり、フィナステリドでは特にⅡ型を阻害することで毛髪の周期を正常化させることで発毛効果を得ます。

デュタステリド
(ザガーロ)

5α-還元酵素(5α-reductase)Ⅰ型とⅡ型の両者とも阻害することで発毛効果を得ます。 海外の無作為化試験でフィナステリドと比較してデュタステリドの方が発毛・育毛効果が得られたとの研究報告があります。

※当院ではフィナステリドの内服で効果が乏しかった患者さまへはデュタステリドの内服をお勧めしております。


使用上の注意

服用開始から3ヵ月で効果が出始める場合もありますが、効果が確認できるまで通常6ヵ月が必要です。
6ヵ月以上投与しても男性型脱毛症の進行が止まらない場合は服用を中止します。また、効果がある場合は持続させるためには継続的に服用してください。服用を中止した場合、再び元の状態に戻ってしまいます。

服用中のおもな副作用としては勃起不全、性欲減退、射精障害などがあります。

前立腺がんの有無を評価するPSA検査を受けられる際は、医師に内服中である旨を必ずお伝えください。
(お薬の作用によってPSAの値に変化を生じさせます。)

女性は服用できず、男性のみが適応となります。


料金(税抜)

フィナステリド 28日分: 5,100円
デュタステリド
(ザガーロ)
30日分: 8,500円

疾患一覧

以下の各アイコンを
クリックしてご覧ください

皮膚科・形成外科・美容皮膚科それぞれの、当院で扱っている疾患の一部をご紹介しています。

以下の各アイコンをクリックしてご覧ください

形成外科・皮膚科 Plastic surgery&Dermatology

一覧を開く